ブログ

2020-04-14 16:30:00

「STAY HOME」の今、自分のためにファッションを楽しむ暮らしへ

f:id:mok_nobinobi:20200414163148j:plain

 

在宅勤務がはじまり2週間が経ちました。
はじめの1週間、5歳の娘は保育園に行っていましたが、先週からいよいよ登園自粛。娘は不意にやってきたバケーションを心から楽しんでいるようです。笑

私は在宅ワークで原稿を書いたりしていますが、思った以上に進みません。。

どんな状況でも書けるのがプロの仕事…慣れていくしかありませんね!

手を伸ばせば娘のもちもちのほっぺたに触れられ、にこにこしながらおやつを食べる姿を眺められる、本当に幸せな時間です。

ただ、在宅勤務や外出自粛の日々だと、身支度がおざなりになりませんか?

私の場合、身支度をしないとおうちモードから気持ちが切り替わらず、気がつけば午前中が終わっていることも。。

そのため私は「STAY HOME」の暮らしの中で、心がけていることが2つあります。

 

1.朝のうちに身支度を整える

仕事のない日や外出の予定がない日でも、朝早いうちにメイクや着替えなど身支度を済ませます。

これによって気持ちの切り替わりがスムーズに!

また仕事中はイヤリングや腕時計をつけることも。モチベーションが高まるだけでなく、ふとした瞬間に鏡に映る自分を見た時に「仕事モード」であることが確認できます。

 

2.自分のためにファッションを楽しむ

人に会ったりショッピングの機会が減ると、ファッションへの意欲も減少しがち。一見デメリットに見えますが、これには大きなメリットがあると感じています。

それは他人の目を気にせず「自分が本当に着たい服を着られる」ということ。

私たちは長い間、作られた世の中の流行に乗って、「人にどう思われるか」という視点でファッションを選択してきました。

でも「STAY HOME」の今、周りの目を気にすることなく本当に自分が着たい服を着られる時。

そして同時に、自分が本当に愛するものや大切にしている価値観を見つめ直す時なのかもしれません。

自分だけのためにとっておきのシャツを着て、何気ない1日を特別な1日として過ごしてみる。そんなことを考えるだけでも、心が動きはじめます。

大きな大きな変容の時。まずは自分にあるもの、今だからできることに意識を向けて。

そして、よりクリエイティブな日々を過ごしていけたらと思います!

 

 

目代なおこ 

 

 

2020-03-14 12:00:00

子どもの給食がカレーだった日の夕食に、カレーを作ってしまうのはなぜか?

f:id:mok_nobinobi:20200314121751j:plain

 

先日、仕事終わりに娘を迎えに行き、そのまま食材の買い物へ!

夕食に何を作るかは決めずに、野菜にお肉、おやつなどを買いました。

家に着いて、買ったものと冷蔵庫の食材をチェックしカレーを作ることに。

作っている間、5歳の娘は自分の好きな遊びをして過ごします。

 

ごはんを炊いて、カレーをぐつぐつ煮込んでいると「今日のご飯なにー?」と聞かれました。

「カレーだよ!」と答えると「ラーメンがよかった〜。」と一言。。

作っている側からすると腹立たしいですよね。笑

 

「え〜、もう作っちゃったよ。」と言いつつ、何気なく冷蔵庫に貼った給食の献立表を見ると…

「チキンカレー」と書かれていました!涙

そして私がいま作っているのも「チキンカレー」。

そりゃラーメン食べたいわねー。笑

 

これが一度目ではなく、今までに何度も起きているカレー重複事件。

しかも思い返してみると、私が子どもだった頃にも同様の出来事がありました。

そして周りのママ友にこの話をしても、ものすごく共感されます。

 

はは〜ん、歴史上繰り返されてきた人類全体の課題だな。(壮大なテーマ)

ということで、今日はなぜこのカレー重複事件が繰り返されるのか、自戒を込めて考えてみました!

 

1.給食と我が家のカレーサイクルが合っている?

給食では月に2回カレーの日があり、大体2週間おきになっています。

我が家は思い立った時に作り、頻度としては月に1〜2回程度。

そのサイクルがたまたま合ってしまっているのかも!?

でも不定期なのにタイミングが合いすぎることや、他のメニューはかぶらないことが気になります。

また、私以外にも同じ事件に遭遇する人がいることからも疑問が残ります。

 

2.カレーが好きな子どもたちの集合意識の影響

一体なんの話だと感じるかもしれませんが、これは可能性が高い気がしています!

娘に聞いたところ、給食のカレーは子どもたちに大・大・大人気。

そのため、たくさんの子どもの「わーい!カレーだー!!」という思いが、強い集合意識に。

そこに私や、世の中の夕ごはん作り隊メンバーがアクセスして、無意識にカレーを作っているのかもしれません!(え?)

もはや献立の重複ではなくシンクロとも言えます。

 

3.カレーの神様のいたずら

f:id:mok_nobinobi:20160213154226j:plain

今日は雨だったこともあって、ランチは近くで済ませようと外に出ました。

それなのにいざ歩きはじめたら、少し歩かなくてはならないインドカレー屋さんへ向かっていました!(驚)

また別の日にカレー以外にもメニューが沢山あるお店に行った際、悩んだ挙句カレーを選んでしまったり。

そう、なぜか私はカレー選んでしまうのです。

これはカレーの神様にカレーを選ばされているとしか思えません。

神の見えざる手!(一度言ってみたかった)

 

4.無類のカレー好き

お家カレーに欧風カレー、インドカレー。

スープカレーも美味しいですよね〜。

どれも違った味わいで、時々無性に食べたくなります。

そういえば学生時代、スープカレー屋さんでバイトをしていたこともあったなぁ。。

お察しの方もいるかと思いますが、私はカレーが大好きなのです。

 

解決策は?

1〜4までをまとめてみると、子どもたちも私もカレーが大好きで、そのカレーへの熱い想いが献立を重複させているようです。

ただ重複していても、我が家の場合は誰しもが美味しく食べちゃうんですよね!

そのため解決策もなにも、食べたい時にカレーを食べる。

これに尽きるのではないでしょうか!あとは献立表を見る、以上!

 

まとめ

今回はみんなのあるあるカレー重複、改めカレーシンクロ事件について考えてみました!

まだまだ不安に包まれやすい日々ですが、ほんのり真面目に考えたくだらなさを楽しんでいただけたら幸いです*

 

目代なおこ

 

2020-02-09 20:00:00

悩みや問題を解決するには?

夜、1人でお風呂に入っていると、娘の泣き声が聞こえるような気がする。

 

湯船に浸かっている時やシャワーで髪を流している時、小さく聞こえてくる。

 

空耳かな?と思いつつも、お風呂の扉を開けて耳をすましてみる。

 

そして、泣き声が全然聞こえないことに安堵する。

 

今日も同じように1人で湯船に浸かってリラックスしていたら、こっこちゃんの泣いている声が聞こえたような気がした。

 

お風呂の扉を開けてみると、案の定泣き声は聞こえなかった。

 

その上、お風呂を上がって寝室を覗くとこっこちゃんがすやすやと眠っている。

 

どうやら父ちゃんがトイレに行っている間に、1人で眠ったらしい。

 

いつの間にこんなに頼もしくなったんだろう。。

 

そしてふと、私はこっこちゃんが赤ちゃんの時の不安で心細い気持ちを抱えたままなんだなぁ、と気がついた。

 

こっこちゃんが0〜3歳ぐらいまで、ややワンオペ育児に傾き気味で、すっかり疲れていた。

 

特にこっこちゃんが体調不良の時は心配で寝ずに夜を過ごしたり、病院に連れて行ったりと心も体も弱っていたと思う。

 

パートナーがいない時間は1人でこっこちゃんを守り、そして戦っているという気持ちが強かった。

 

でも本当はファイティングポーズなんてとりたくなくて、すごく不安だったんだね。。

 

今はこっこちゃんも5歳になり、本当に体も強くなったし、ほとんどのことを自分でできるようになった。

 

だから安心していいはずなのに、不安なままの私がいる。

 

会社で仕事をしていても、何度もこっこちゃんのことを考える。

 

1人で美容院に行っている時なんかも考える。

 

なんなら隣でこっこちゃんが眠っている時も、体調のことや明日の保育園のことを考えている。

 

心に疲れが積もるはずだ。。

 

こういう時、子どもやパートナーなど自分の外に問題があると思ってしまうことがあるけど、多分違っていて。

 

こっこちゃんが赤ちゃんの時の、不安な私を癒せていなかったこと、つまり自分自身に理由があると思う。

 

あの時の私をどうやって癒したらいいんだろう…と思ったけど、考える間もなく心に浮かんできた。

 

それは気がつくだけで、もう大丈夫だということ。

 

問題や悩みって気がついて、意識を向けたら自然となくなっていく。

 

不思議だけど、最近本当にそうだと感じるし、実際に今も心が落ち着きはじめている。

 

解決しようと躍起になって手を打つのではなく、気がついたらホッとして手放すだけでいい*

 

今までのような重さや複雑さから離れて、これからはもっとシンプルに生きていい時。

 

自分と家族、そしてこの映し出される世界を信頼して、心から安心して暮らして行こう!と思ったのでした。

 

はぁー、お風呂上がりから一気にクリーンアップされた感じ。。

 

今日はゆっくり眠りたいと思います、ではまたー*

 

 目代なおこ

 

2020-01-09 20:00:00

大人になって始めたチェロのこと

ひっそりと昨年3月〜10月まで習っていたチェロ。

 

はじめたきっかけは、YouTubeで見つけたチェリスト伊藤悠貴さんの演奏でした。

 

https://m.youtube.com/watch?v=sFsDjngsyek

 

心を突き動かされて、何度も何度も再生。

 

クラシックをこんなに聴き入ったのは初めてでした。

 

段々と自分でもチェロを奏でてみたくなり、教室を探すことに!

 

3つの教室を体験して、そのうちの1つの個人教室に通うことにしました*

(教室選びやレッスンのことはまた別の機会に書きたいと思います!)

 

そして習いはじめて少しした頃、伊藤さんの日本公演があることが分かって、すぐにチケットを予約!!

 

なんとちょうど私がチェロを始めるきっかけとなったアルバムが曲目という…♡

 

実際の演奏は本当に本当に圧巻で。。

 

チェロとピアノの音色だけで、こんなにも心が震えるような豊かな世界を作り出せるなんて。。

 

チェロの音色は歌っているようにさえ聴こえました。

 

(後々、チェロが人の声に近い楽器だと知り…まさに!!)

 

演奏の後のサイン会では、演奏が素晴らしかったことと、伊藤さんの演奏を聴いてチェロをはじめたとお伝えしちゃいました( ◠‿◠ )

 

その後、半年ほどレッスンに通いましたが、今は暮らしを整えるためにお休み中。

 

ここ2ヶ月はチェロの音色を聴いていなかったのですが、今日久しぶりに伊藤さんのアルバムを改めて聴いて…

 

あぁー、やっぱりチェロが好き。

 

と心から思いました。

 

でも演奏するのが好きというより、伊藤さんのチェロが好きなのかも⁉︎と思ったり。

 

落ち着いたらレッスンに復帰しようと思っていたけど、どうしようかな。

 

せっかくはじめたし…とも思うけど、やりたい情熱が湧かないなら、執着せずにすんなりやめる方がいいのかな、と思う。

 

これは実際にチェロを習ってみて、さらにレッスンから離れてみたから分かったこと。

 

だから、思い切ってやってみて本当に良かった〜!

 

と言いつつ、きっとまたチェロが弾いてみたくなる気がしている、移り気な私…笑

 

今年は伊藤さんの公演が沢山あるようなので、足を運べたらと思います( ◠‿◠ )

 

目代なおこ

 

2020-01-07 20:00:00

お金を貯めてみようかなと思って…

子どもの頃から手元のお金はスッキリ使うタイプの私。

 

それに、お金はエネルギーだから巡らせた方がいいと思っていたので、さらさらと川が流れるように使っていた!

 

でもつい先日「お金をすぐ使うタイプの人でこれから収入を増やしたい場合は、一度お金を使うのをやめるといい!」と知って、これ私だわぁ…と思ったのです!

 

お金を使うのをやめると言っても、お金の流れを止めるとうことではないようです。

 

チマチマと使い続けるのではなくて、ある程度貯めてから、ここぞという場面でドンと大きく使うということらしい!

 

また貯めて、ドドンと使う。

 

これを繰りていくことで、収入も増えて行くんだとか!

 

また、お金を貯めることで安心感も◎

 

そう思うと、貯金がとっても魅力的になってくる〜。

 

あ、お金の流れを知るために、家計簿を付けたほうがいいとのことでしたよ!

 

私はこれまでにアプリでトライしたものの早々に挫折。。

 

今回は書くタイプの、お金の貯まる家計簿とやらを準備しました!!

 

そうです、形から入るタイプなのです。笑

 

明日届くので、早速家計簿ライフをはじめたいと思います( ◠‿◠ )

 

1年間でどのぐらい貯金ができるか…

 

今回は、貯金をしてみたい!できたら自分はどうなるんだろう!?という好奇心が芽生えたので、少しは続けられる予感!

 

 

「貯金は未来の自分への贈り物」ということなので、2020年の新しいチャレンジ、楽しんで行きたいと思います*

 

目代なおこ

1 2 3 4 5 6 7