ブログ

2020-12-20 18:01:00

その頭痛や眠気、頑張りすぎのサインかも?

まだ打ち解けていない相手とのランチや、子どもの学校行事の後、ぐったり疲れることはありませんか?

 

帰り道はぐったりして、頭痛に襲われたり。

 

家に帰った途端、ものすごい眠気が襲ってきて何時間もお昼寝をしてまったり。。

 

f:id:mok_nobinobi:20201220172655j:plain


私の場合は、家族や気心知れた友人以外の方との食事や、大人数での忘年会のあとは、必ずと言っていいほど頭痛がします。。

 

また、仕事で結婚式のカメラアシスタントをした時は、「この一瞬を撮り逃せない!」という極度の緊張から、翌日寝込みました。(向いていないですね。笑)

 

緊張状態が続いている時は、頑張るモードの「交感神経」の働きが優位になっています。

 

そして、帰り道や家に着くとリラックスモードの「副交感神経」に切り替わり、頭痛や眠気が襲ってきます。

 

こういった症状は「ちょっと頑張りすぎているよ〜」という体からのメッセージ

 

スルーせずにしっかりと受け取って、対策やケアを。

 

例えば、出席がマストでない食事会は勇気を出してパスしてみる。(自分が思っていたほど、断っても問題にならなくて拍子抜けします。笑)

 

もし「毎回欠席は気がひける…」という場合は、2〜3回に1回ぐらいは出席してみたり、参加する時間を短くするのも◎

 

学校行事や仕事の場合など、やむを得ない用事の際は、パートナーや同僚にサポートをお願いしてみましょう。

 

気を許せる相手がそばにいてくれるだけで、だいぶ緊張がほぐれますよね。

 

またお守りとして、自分のリラックス法を知っておくことも効果的です。

 

私の場合は、お気に入りのキャンディーを常備しています。

 

f:id:mok_nobinobi:20201220173957j:plain

 

味わいがリフレッシュになるのと、「これを口にすると、心が落ち着く」と脳にインプットしているので、ホッとできます(^^)

 

そして、最も手軽にできる緊張の解消法は「呼吸」です。

 

緊張していると呼吸が浅くなりがちで、それが頭痛や疲労の原因にも。

 

そのため、そういう場では意識的に深い呼吸を。

 

大地に根ざすようなゆったり、どっしりとした呼吸は心と思考の安定にもつながります。

 

もし私と同じようなシチュエーションでの頭痛や眠気にお悩みの方は、参考にしていただけたらと思います。

 

いつもお読みいただきありがとうございます(^^)

 

ではでは〜!

 

2020-12-18 12:03:00

うまくいかない日の過ごし方

f:id:mok_nobinobi:20201215195525j:plain

 

なんとなく気分が乗らなかったり。

 

ちいさな失敗が重なって落ち込んだり。

 

しまいにはモヤモヤ、イライラして、子どもやパートナーに素っ気なくしてしまう。

 

そんな自分が嫌になって、罪悪感を感じてしまうこともあるかもしれません。

 

そういう時はすこし思考をお休みして、ぼんやりする時間を作ってみます。

 

ただただぼんやりしてもいいし、ぼーっとするのが苦手な方は、子どもや動物たちを眺めるのもおすすめです◎

 

f:id:mok_nobinobi:20201218123001j:plain

 

私の場合は静かな場所を見つけて瞑想をしたり、娘を眺めたりしています。

 

ぼーっとする時に大切なのは「ジャッジをしない」ということ。

 

もし「こんなことしていていいのかな?」「時間がもったいない!」「あれやらなきゃ!」「晩ごはんなに作ろう…」と思考が騒がしくなってきたら…

 

空を流れる雲のように、思考が浮かんでは消え、浮かんでは消える様子をただ見ていきます。

 

あれやこれやと、ストーリーは展開しないこともポイントです。

 

小さな子どもや動物たちは、今目の前にあることに集中していますよね。

 

娘の場合は他に何も見えいてない・聞こえていない時すらあって、話しかけてもスルーされることもしばしば!笑

 

今朝は登園前のドタバタの中、緩衝材のプチプチをずーっと潰していました。笑

 

ある種、瞑想に近い状態なんだと思います。

 

あと子どもや動物を眺ていると、彼らの「ありのままさ」にも気づきます。

 

f:id:mok_nobinobi:20201218122934j:plain

 

楽しみたい、つまらないことはやりたくない、泣く、怒る、眠る、食べる、排泄する。

 

感じたままに表現する姿に「そっか、これでよかったんだよね。」と、本来の自分の姿を思い出すことができます。

 

そうしているうちに心の波が穏やかになったり、なぜだか涙が出ることも。

 

私たちは気がつかないうちに、日々たくさんのジャッジの中で生きています。

 

それは自分自身がしているジャッジであったり、周りの人たちによるジャッジ。

 

あれはいい、これはだめ。

 

体に悪い、教育に悪い。

 

でもそれはあなたや誰かのフィルターで、目の前の出来事を判断した結果。

 

現実はとてもシンプルで、ただその出来事が起きているだけ。

 

忙しい毎日の中で、苦しくなったり、疲れてしまうという方は、1日の中でジャッジを手放す時間をつくってみてくださいね。

 

ではでは〜!

 

2020-12-13 22:05:00

やりたいことをやる理由は、たった一つでいい

f:id:mok_nobinobi:20201213224237j:image

 

あなたが何か新しいことを始めようとしているなら。

 

ずっとやりたかったことにチャレンジしようとしているなら。

 

それをやる理由はたった一つです。

 

「自分がやりたいと思ったから。」

 

でも私たちはつい、それをしてもいい理由やメリットを探したくなるものです。

 

例えば私がヨガインストラクターの資格を取りたいと思った時。

 

「ヨガをたくさんの人に伝えたい」という情熱だけではなんだか不安で、「人の役に立てるから」「ニーズがある仕事だから」と、やってもいい理由を集めていました。

 

それと同時に「自分には向いていないかもしれない…」「安定した今の仕事を辞めてまでやること?」「お金を無駄にするんじゃないか。」など、デメリットも探し始めたり。

 

そしてそのメリットとデメリットを天秤にかけて、「やるか・やらないか」ということを考えている間に、気がつけば何ヶ月も経ってしまっていました。

 

ではなぜ、このやってもいい理由やメリット探しをするのでしょうか?

 

そこには、自分がやることを正当化したかったり、誰かに「なんでそんなことするの?」と聞かれたときにバカにされたくない、という思いが隠れていたりします。

 

自分が傷つかないための保険をかけているのです。

 

でもはじめに言ったように、あなたがやりたいと思ったことをやる理由は「やりたいから!」だけでいいのです。

 

その気持ちは、あなたならではのもので、自分で過去に種を蒔いていたからこそ芽生えた大切なもの。

 

理由集めのために大切な時間を費やす必要はありません。

 

自分の内側の声に耳を傾け、やりたいと思ったその気持ちを尊重してあげてくださいね。

 

ではまた!

 

2020-12-12 22:07:00

これまでに起きたこと、そのすべてが「ギフト」だとしたら

f:id:mok_nobinobi:20201212203704j:plain

 

私たちの人生の中には、心が踊るような楽しいこと、素晴らしいことがあれば、乗り越え難いような悲しみ、苦しみに直面することもあります。

 

もしこれまでに起きた出来事や経験、すべてが自分自身への「ギフト」だとしたら・・・。

 

ハッピーでポジティブな出来事の場合、言われるまでもなくギフトであると感じるかもしれません。

 

でも、辛く苦しい、ネガティブな出来事の場合はどうでしょうか?

 

「なんで私がこんな目に・・・。」と被害者の気持ちが湧くかもしれません。

 

場合によっては「私がダメな人間だから、こんな経験をしたんだ。。」と、自分自身を責めてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

そして「こんなネガティブな出来事、起きなければよかったのに・・・。」と思いたくなりますよね。

 

私自身がそう感じていました。

 

例えば子どもの頃に目にして傷ついていた、両親のケンカ(両親の不仲)。

 

「どうしてお父さんとお母さんはケンカをするの?」

 

「ケンカなんて、見たくない、聞きたくない!」

 

「私のせいなの?」

 

「なんで私のお父さんとお母さんは・・・。」

 

中学生になる頃には多感な時期ということもあり、家ではあまり口をきかなかったような気がします。

 

自分を守るために、心をブロックしていたんですね。

 

時が経つごとに少しずつ自分というものが確立され、「私は私」という概念が芽生えました。

 

そして、「あれは二人の問題だから私は関係ないかも!」と思えるようになったことで、とても楽になったことを覚えています。

 

とはいえ、少し前まではネガティブな出来事としてしか捉えていませんでした。

 

でも自分自身が結婚し出産したことで、その出来事の捉え方が全く変わってしまったのです。

 

「あれは、私のために起きたことだった!」と。

 

両親の不仲を見てきたからこそ、夫婦といえど他人であり、そして2人の歩み寄りの上で調和が保たれるということを学びました。

 

そして、どれだけ月日が経ったとしても、お互い尊重するべき存在であるということも。

 

また、子どもの前では夫婦の言い合いはしないようにしよう、と思うこともできました。

 

その経験を、自分自身の家族づくりに活かすことができているのです。

 

また、ヨガカウンセラーをはじめたことで、さらにその経験を活かす場が増え、今はあの経験がギフトであったことを確信しています。

 

過去にネガティブな出来事が起こった時、それはもう起きたことで変えることはできません。

 

ただその出来事を捉え直す「リフレーミング」をすることはできます。

 

これからの人生ずっと被害者意識の中にいるか、そのカゴから出て今を生きていくのか、それは自分自身で選択できることだったのです。

 

もし、過去の出来事にあなたが今も苦しんでいるとしたら、ぜひ一度時間をつくって「その出来事からのギフトはなんだろう?」と考えてみましょう。

 

できればノートに3つ書いていきます。

 

いくつかそういった出来事がある場合は、それぞれに対して3つずつ書き出していきましょう。

 

書いてみて、心や体の変化をじっくり感じてみます。

 

もし、もう少し癒しが必要だと感じた場合は、目を閉じて5回深呼吸をします。

 

辛い体験をして、縮こまっている自分をイメージしましょう。

 

そして今の自分がその頃の自分自身に寄り添って、背中をさすったり、「大丈夫だよ。」「今の私はこんなに幸せに暮らしているよ。」と声をかけてあげます。

 

もし、この時に涙が溢れる場合は、ゆっくり安心して泣いて大丈夫。

 

心が落ち着いてきたら、また5回深呼吸をしてゆっくり目を開けましょう。

 

私たちは本来、自分で自分を癒すパワーを持っています。

 

もちろん誰かのサポートによって、よりパワフルになることもありますが、「自分にはその力がある」ということを知っておくことが大切です。

 

そして私たちの前には、自分自身で選んだ世界が広がっているということも。

 

もしこれまでに起きた出来事や経験、すべてが自分自身への「ギフト」だとしたら、あなたはこれからの人生をどんな風に生きていきたいですか?

 

もし過去の振り返りやリフレーミングに不安がある方は、TariteMititeYogaのセッション「ライフデザインカウンセリング」でご相談ください。

 

あなたが本来持っている力を思い出し、自分自身の内側から起こる気づきをサポートいたします✴︎

 

 ではまた〜!

 

2020-12-10 19:55:00

一年を締めくくる前につくりたい、心と感情を整える時間

f:id:mok_nobinobi:20201210161219j:plain

 

そろそろ年賀状や、お正月飾りの準備をする頃合いになりました。

 

今年はいつも以上にあっという間の1年だったように思います。

 

また、コロナによる影響で先が見えなかったり、臨機応変な対応が求められる場面が多かったためか、なんとなく記憶が飛び飛びだったりしませんか?

 

私の場合、とくに緊急事態宣言が出ていた期間は、毎日どんな風に過ごしていたか、ぼんやりとしか思い出せないんですよね〜。

 

今年一年を振り返ってみると、不安や恐れ、寂しさなどネガティブな感情と向き合う場面が多かったのではないでしょうか。

 

一方で、心や体の健康の大切さ、家族と過ごす時間の豊かさ、人の温かさなど、今まで当たり前にあったものの素晴らしさに改めて気がつく機会にもなりました。

 

色々な出来事や感情、思考があふれて、こんがらがってしまったり、ネガティブとポジティブの振れ幅で疲れてしまったりするかもしれませんね。

 

もし心が揺れ動いて疲れてしまった時は、すでに「あるもの」に意識を向けていくと、少しずつ心の波は静かになっていきます。

 

それでも落ち着かなかったり、モヤモヤするときは、温かい飲み物で一息つきましょう。

 

f:id:mok_nobinobi:20201210160812j:plain

 

それから信頼できる身近な誰かに、そっと胸の内を話してみてください。

 

「話すこと=離すこと」と言われ、悩みや揺れ動く感情から距離を取り、落ち着いて見つめることができるようになります。

 

さらに「話すこと=放すこと」でもあり、問題だと思い込んでいるものや執着を手放すことにもつながります。

 

また、身近な誰かに話しにくいことは、気軽にカウンセラーを頼ってみてくださいね。

 

なんとなく敷居が高く感じられがちですが、カウンセリングは誰もが受けることができる、心や頭の整理のサポートです。

 

子どもの頃から1人につき1カウンセラーがついていたら、どんなにいいだろう・・・。

 

自分のこと、友達のこと、両親のこと、自分の進路のこと。

 

もし気軽に話せるカウンセラーがいたら、思考や感情とうまく付き合うことができて、大人になってからも、軽やかに暮らしていけるので、と思っています。

 

そして、そんな思いからTariteMititeYogaでも、12月よりカウンセリング「ライフデザインセッション」をスタートしました(^^)

 

ヨガとカウンセリングを合わせた「ライフデザインセッション」では、セッションの前後にヨガ(呼吸を深めるワーク)を行うことで心を鎮め、より深くご自身とつながることができます。

 

そして、ゆっくりとお話を伺う中で、自分だけでは気がつきにくい本当の悩みや問題、考え方のクセなど、深い部分にアプローチしていきます。

 

そのためセッションを通して、ご自身の意外な本音に気づく方もいらっしゃいます。

 

忙しい日々の中で少し立ち止まって、ご自身と丁寧に向き合ってみませんか?

 

日々のお悩みやこれからの人生相談など、お気軽にどうぞ(^^)

 

>「ライフデザインセッション」について詳しくはこちら

 

ではでは〜!

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...